ウチュメガ拳!
テクニック集

ここは、すでにゲームを遊んだ人向けに、
細かい操作テクなどをお届けするマニア部屋だよ。
格闘ゲームに詳しい人でもそうでなくても、知っておけば面白くなること間違いなし!?

飛び道具

飛び道具の操作を入れた後、発射のときに➡を押していると加速⬅を押していると減速できる。

ちょいメガモードのみ、画面内に弾が出ていても続けて発射することができる(扇子カッターを除く)。

空中必殺技

ノーマル・ジョイメガモードでは、一部の必殺技を空中からでも出せる。
ただし、1回のジャンプ中に同じコマンドの必殺技を出すことはできない。

ちょいメガモードではすべての必殺技を空中で出すことができ、着地するまでは(同じ必殺技でも)3回まで出すことができる。トビマスなどの跳ね上がる必殺技は、地上から出しても1回カウントされる。

ダウン追い打ちノーマルちょいメガのみ

ダウン中(倒れている間)は無敵になるが、ダウン中の相手にも当てることができる特殊な技がある。

【ノーマル・マオウ】ヘルスタンプ(⬇⬆+ or ×
【ノーマル・シッポツキ】下段ドリルブレイク(⬇⬅+
【ノーマル・クセモノ】ジャンプキック
【ノーマル・ジャパン仮面】J.K.エアプレーン(⬇⬅+
【ノーマル・藤ヶ谷レイ】??
【ノーマル・ブルームーン】上昇B.M.ボウリング(⬇⬅+×
【ノーマル・オートファイブ】強キック

【ちょいメガ・ウツージマン】ジャンプ下攻撃(⬇+
【ちょいメガ・マオウ】ヘルスタンプ(⬇+×
【ちょいメガ・シッポツキ】シッポグレネード(⬇+×
【ちょいメガ・ブルームーン】ムーンサルトドロップ(⬅+×
【ちょいメガ・オートファイブ】後キック(⬅+

ただし、ダウン中の相手に当てることができるのは1コンボ中に1度まで。

投げ追い打ちちょいメガのみ

ちょいメガモードでは、投げた相手が起き上がりはじめる瞬間まで、すべての攻撃を当てることができる。

オート連射の応用

ウチュメガファイトは標準オート連射となっているため、(攻撃中やダメージを受けて)攻撃が出せない時でも、
×ボタンを押したままにしておけば最速で次の攻撃が出せる

コンボや反撃をしたいときは、技が出るまで×ボタンに指を置いておくイメージで操作してみよう。

投げ技の入力

ノーマル・ジョイメガモードは×(パンチ)ボタン、ちょいメガモードでは(通常技)ボタンで投げ技を出す。

投げ技はオート連射では出ないようになっており、×押した瞬間にのみ発動する。

また、方向ボタンが↘や↙のときは投げ技は出ないようになっている。
接近中に強パンチや→・←入力の技を出したいときは、ナナメ下方向に入力しよう。

コマンド入力ノーマルジョイメガのみ

必殺技のコマンド入力は、方向ボタンの入力は指を離すまで持続できるので、⬇➡入力の場合は➡で歩き続けてからでも成立する。うまく使えば、コンボやリバーサルに利用できる。

【ノーマル・ハッシ】⬅ため➡と入力して、➡を押したまま×と入力すれば、強キック→必殺技(ハワワ)のコンボになる。

【ウツージマン】ダウン中に➡⬇➡+×と入力しそのまま➡と×を押し続けておけば、入力タイミングに関係なく起き上がり必殺技(リバーサル)が出せる。

チェーンコンボノーマルのみ

必殺技はすべての通常技をいつでも中断(キャンセル)して出すことができるが、
パンチ→キックなど、キャラごとに決まった法則で通常技を別の通常技でキャンセルしてつなぐことが できる。
これを使った連続攻撃をチェーンコンボという。

P-Kチェーン(ウチュ・ブルームーン)は、全パンチ攻撃から全キック攻撃につなげられる。
P→しゃがみK 強P→強K ジャンプP→ジャンプK など。
相手との距離や高低差・相手の隙の大きさなど、状況によって使い分けよう。
シッポツキもこれと同タイプで、キックからパンチにつなぐことができる。強攻撃から弱攻撃にもつなげることができるのは、このタイプのみの特長だ。

弱-強チェーン(ハッシなど)は、パンチ・キック関係なく強攻撃につなげられる。
強攻撃は地上のみなので、地上限定のチェーンコンボという事になる。
また、しゃがみ攻撃は「弱」扱いなので、 しゃがみP or K→強P or K もつながる。

P-K 弱-強チェーン(ウツージマン・ジャパン仮面)は、パンチ→キック弱→強が併用できる。
つまり、地上で P→K→強P→強 Kと4hitのコンボ(4チェーン)ができる。空中でのP→Kや、地上コンボにしゃがみ技を組み込むこともできるので、間合いによって入れる技や数を調整しよう。

ウチュメガファイトでは、攻撃を当てていなくても次の技でキャンセルできる(いわゆる空キャンセル可)。

トレーニングモード

TRAININGモードでは、ポーズメニューからキーディスプレイヒットボックスの表示切替、2P側の行動選択行動記録(10秒間まで)などができる。

また、方向ボタンとPAUSEボタンの組み合わせで、以下のショートカットコマンドが使える。

「⬇+PAUSE」で位置リセット(続けてPAUSEでポジション移動)
「➡+PAUSE」で2P操作の記録/再生/停止
「⬅+PAUSE」でスローのオン/オフ
「⬆+PAUSE」でヒットボックスのオン/オフ

モドル